読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NETAX

様々なジャンルのニュースから今夜飲み会で使える旬ネタをネタリストが人力キュレーション。コメント付きでわかりやすく紹介します。

人力情報キュレーションブログ - ネタックス

内容を知らないくても買いたくなるマンガの話

(「最近はiTunesで買うけど」という突っ込みはしないでね)
CD買う時にジャケ買いってやったことあります??

私はジャケ買いが大好きで、聞いたこともないアーティストとかバンドのCDをジャケットが好みってだけで買ってしまいます。もちろん100%当たりってわけにはいきませんが80%くらいの確率では引き当ててる気がします。

ちなみに、CDのジャケ買いって割とポピュラーだと私は思ってるのですが、マンガの場合どうでしょうか??(もちろん単行本の話ね)私はマンガをジャケ買い(表紙買い?)したことありません。大体は作者買いです。ですが、よくよく考えるとCDのジャケットと同じようにマンガの表紙買いってやってみてもいいのではないかと思いました。

そう思ったのは、漫画装丁大賞なるものを発見したから。

『この装丁がすごい!~漫画装丁大賞~2015』の発表です。

良いコミックデザイン辺境ブログのお遊びで「すごい!」「大賞」等と大げさなタイトルを付けていますが、中身はもちろんゆるいマンガ紹介ですよ…という具合にいつもはここのスペースに予防線を張ることで前書きにボリューム感を出してるのですが、最近自著を出しているのでここを宣伝スペースとして活用したいと思います。
管理人の好きな作品をエレガントな書影とさらっとしたコメントで紹介していく、ニアリーイコール・良いコミックな漫画デザイン本、あるいは漫画装丁グラビア本。

ってことで、内容が面白いかどうかではなく、表紙(装丁)の良し悪しだけでランキングされてます。

ランキングは1位から100位まで発表されてまして、中には全く知らない作品もありました。が、内容に関しては詳細には触れられてないのでが面白いかどうかわかりません(笑)あくまでも装丁がいいかどうかによるランキングです。こういう見方もあるのかって関心しました。

ちなみに、2015年の第1位はこれ↓

f:id:kjark66:20160510204607j:plain

『うしおととら』でお馴染みの藤田和日郎先生の最新作『黒博物館 ゴースト アンド レディ』です。

このランキングを見る時に注目して欲しい部分がありまして、自分がいいなって思った装丁を誰が担当したのかをチェックしてみてください。テレビドラマを脚本家で判断するのと同じように、読んだことないマンガを装丁家で選ぶという、これまでとは趣の違うマンガの選び方ができるのではないかと。ちなみに、昨日書いたブログでご紹介した『重版出来!』というマンガの中に装丁家に注目した回があるので興味ある方は重版出来!のマンガも読んでみてくださいね。


via