読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NETAX

様々なジャンルのニュースから今夜飲み会で使える旬ネタをネタリストが人力キュレーション。コメント付きでわかりやすく紹介します。

人力情報キュレーションブログ - ネタックス

子供のお小遣いは現金ではなくこれで渡せばいいと思うよ。

私の中で勝手に攻めてる企業認定してる『LINE』社ですが、先日開催された『LINE CONFERENCE TOKYO 2016』でも新たなサービスがリリースされました。攻めてます。

LINE MOBILE』ではLINEのトーク・無料通話、Facebook、Twitterが使い放題など、SNS大好きなみなさんにとっては垂涎モノのサービス出しましたし、また、ビジネスプラットフォームのオープン化戦略では、各方面にかなりの衝撃が走るのではないかと思っており、飲食店とか小売店とかのお店やってる人はマストで要チェックだと思います。プラットフォームのオープン化によってLINEと連動したいくつかのサービスをリリースするわけですが、TカードとかPontaに対して真っ向勝負を挑むことになるわけで、ここ最近は膠着状態だったこの2社によるポイントカードシェア争いが動き出す可能性出て来ました。もちろん、「いきなり野面で参入して大丈夫か?」って言う声もあるでしょうが、まぁ、あのLINEだったら勝算あるのかも知れないと思うとちょっと面白い。

そして、今回のネタは、リリースされたもうひとつのサービス『LINE Payカード』なのですが、申込み開始から3日間10万枚を突破したと話題です。

f:id:kjark66:20160330003602j:plain

「こんなカワイイカードだったら持ちたい!」って思った人が殺到したのかどうかは知りませんが、3日間で10万枚突破がそんなに凄いことなのかどうかって話。

ちなみにこのカード、JCB加盟店で使えるとうたってますが”プリペイドカード”ですよ!

プ・リ・ペ・イ・ド・カード

なので、当然与信もありませんし誰でもお気軽にサクサク作れます。

では、なぜ「3日間で10万枚を突破した」「凄い!」と話題なのか?!

もしかしたらクレジットカードの発行枚数と比較してるんじゃないですかね??

もちろん、その比較は間違ってますね。

なんせプリペイドカードですから。

プリペイドカードってことは、比較すべき対象はSuicaとかWAONとnanacoとかってことなんじゃないかと思います。ちなみに、これらの発行枚数は確か桁がひとつふたつ違う気がしますが、詳細は各自ググってください。それに比べると10万枚なんて鼻くそレベルですからニュースになるほどの話題性はないわけですが、まぁ、このあたりのプロモーションもLINEは上手いってことなんでしょう。

さて、そんな、ただいま絶賛新規発行中の『LINE Payカード』の使い途をひとつ考えてみました。

例えば、未成年の子供がいる家庭で子供にお小遣いをあげる方法としてこのカードを使うっていうのはどうでしょう?!何度も言いますがプリペイドカードですから入金されてる金額以上は使えませんし、もらう方からしても財布を持ち歩く必要なくなりますから嬉しいのではないかと。JCB加盟店で使えるので大体の店では使えると思いますから使い勝手も悪くないと思います。ただ、現金手渡しじゃないとお金のありがたみが伝わらないとか昭和な事をいう親だと無理ですね(笑)ってことで、こちらも後発ながらも勝機があるのではないかと思います。

やっぱLINEって凄いね。

via