読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NETAX

様々なジャンルのニュースから今夜飲み会で使える旬ネタをネタリストが人力キュレーション。コメント付きでわかりやすく紹介します。

人力情報キュレーションブログ - ネタックス

イケハヤさんがブログやめちゃった件

note

個人的には、まぁまぁ楽しみにしてたイケハヤさんのブログなのですが、noteの有料記事が好調なので無料で記事出すのがアホらしいってことでブログ終了のお知らせがされてます(泣)

「イケハヤさんの記事が読めなくなるのがとても残念です!」
と書くと、
「だったら金払って読めばえーやん」
って言われそうですが、

正直、お金払ってまで読みたいとは思わないんですな〜。

私とは比べものにならないイケハヤさんヲチャーであれせられるHagexさんが、身銭を切って購入したものをレビューしてくれたりしてますけど、まぁ、何と言いますか、「ブログと変わらないとクオリティ」らしいので、購入するのにかなり躊躇してます(汗)

有料のほうが「コンテンツが面白い」んです というフレーズで爆笑。私は彼の有料メルマガや有料noteを買ったけど、無料・有料どちらもクオリティは変わらなかったし、これって単に「お金がもっと欲しい」というのが本当の理由でしょう。彼は「お金に目がくらんだ」んですね。


お金に目がくらんだ......そう言えば、イケハヤさんの著書に『年収150万円で僕らは自由に生きていく』というのがあったけど、年収150万では物足りなくなったんですかね。最近の記事を見るにつれ、金金金金金と言ってますからさぞ稼いでいるのかもしれませんが、「売上げをあげるために」とか「いくら稼げるとか」っていう、まるで情報商材的な内容のコンテンツで稼ぐのは”物書き”を名乗ってるイケハヤさんらしくないと思いますね。

個人的には優良なデジタルコンテンツが有料なのは当然だと思いますけど、新しいサービスがローンチした際には(noteのローンチはだいぶ前だけど)優良なコンテンツが少ない状況なのはあるあるで、それに乗じてしょーもない内容のものを大量生産し先行者メリットを享受するというのは、別に悪いわけではないですが、内容のクオリティに絶対の自信を持ってるであろうイケハヤさんがこれやるとちょっと残念な気がします。これはまさにnoteバブルと言うしかなく、しょーもないコンテンツの連打が続くとnote市場そのものがシュリンクしていく可能性もあるのではないかとちょっと心配。

ってことで、noteで有料コンテンツを販売するというのが新しい稼ぎ方のひとつとして定着しますようにと願ってます。そのためには面白いコンテンツかどうかの見極めが重要となるのは間違いありません。有料noteキュレーターって職業が出て来て評価してくれたらいいのに。その視点で見て、イケハヤさんのコンテンツは面白いのでしょうか?1回くらい買ってみようかな......いや、お金をドブに捨てることになるかな......心の葛藤が(笑)


ちなみに、いまイケハヤさんのプロフィール見てみたら、現時点では『プロブロガー』となってました。ブログ止めたのに。いまは『プロノーター(こんな言葉ないけど)』じゃないかと思うのですが、いつか無料ブログに戻って来られることを切に願ってます。


年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)
イケダ ハヤト
講談社
売り上げランキング: 70,727
via