読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NETAX

様々なジャンルのニュースから今夜飲み会で使える旬ネタをネタリストが人力キュレーション。コメント付きでわかりやすく紹介します。

人力情報キュレーションブログ - ネタックス

おじさんおばさんはインスタに来るな!......だってさ。

note Instagram Facebook

最近やたらと『note』の記事が話題になってるのですが、直近でバズってたのが『おばさんたちはinstagramに来ないでほしい。』というタイトルの記事。刺激的なタイトルでいきなりバズってビビったのか現在は(追記分が加わって)タイトルが『1/30 追記有 instagramについて』となっておりまして、当初の刺激的なタイトルはどこにも見当たりません。別に削除しなくてもいいのにね(笑)

今回は、この記事に対しておっさんの私がコメントしてみたいと思います。

まず本文を読むと、こういう記述があります。

facebookの若者離れが話題になってるけど
それっておじさんおばさんが始めたからだと思ってる。

だって、親や親戚のページ見たくないし、
自分の見られたくないし、
小学校の時の先生から申請きた時は
どうなることかと思ったよ。 断れないし。


そりゃどんどん若者は離れるよ。
意味不明な広告も増えるし。


前半部分は少し前によく言われた”会社の上司の承認を許可するかどうか問題”と同じで語り尽くされた感が否めない。で、当時、この問題で疲れたリテラシーの高い人達は別のSNSに退避したりして、現在のFacebookは、ちょっと遅れてやり始めたおっさんおばはんの社交場になってるのも否めない。あと広告・PRの場となってもいます。実際、私も「ブログ更新しました!」とか告知の場としてしか使ってません。今でも一生懸命ピュアにFacebookやってる人ってちょっと痛々しい気がするのは私だけですかね?!(メッセンジャーは連絡手段として使い勝手いいですけど)話を戻しまして、そういう意味ではこの筆者の子が始めた時点で既にFacebookはおっさんおばはんの社交場として乗っ取られてるので、そもそもこの子のニーズに合っていないSNSだという自覚をまずは持った方がいいと思います。

後からやって来て「お前ら出て行け!」はないでしょ?!(笑)

さて、問題のインスタ。筆者の子は「インスタはFacebookにくらべてまだおっさんおばはん参入率が低いから、これ以上おっさんおばはんはインスタに来るな。来たら自分達が居づらくなる」と言ってるわけですが、まぁ、おっさんおばはんがドカドカ土足でやって来るのは時間の問題です。本屋にはインスタ本がやたらと並び始めてますし、雑誌の特集とかテレビでもインスタ特集とか組まれたりしてます。メディア総出でインスタ推奨してるわけですからおっさんおばはんの目に付くのも時間の問題。銀座が中国人で占拠されてるのと同様、若者の聖地インスタにおっさんおばはんが大挙押し寄せて来るのも致し方ないことです。諦めましょう。

ではどうしたらよいか。

個人的には、この筆者の子がもうちょっとリテラシー高くなればいいのにな〜って思ってます。そうすれば、もっと他のメジャーじゃないツール(探せばいっぱいある)に友達共々退避すればいいだけの話。そうすれば、こんな嫌な思いもしなくなると思いますけど。


ちなみに、NHKの討論番組で『ニッポンのジレンマ』って番組があるのですが、この番組のサブタイトルは『1970年代以降生まれのための番組』とか、へたすりゃ『1980年代以降生まれ』と限定されてる場合があります。1960年代生まれの私としましてはかなりイラッとして、必ず録画して見てやりますけど、まぁ、誰向けの番組かというのが明確だという意味ではこういう限定の仕方はアリだと思ってます。

ってことで、各種SNSにつきましても今後は利用可能年齢を明確にしてみてはいかがでしょうか??

via