読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NETAX

様々なジャンルのニュースから今夜飲み会で使える旬ネタをネタリストが人力キュレーション。コメント付きでわかりやすく紹介します。

人力情報キュレーションブログ - ネタックス

画像コミュニケーションは今年のトレンドになる!

『画像コミュニケーション』って何だよ?!って話ですが、勝手に私が言ってるだけです。

要は、InstagramとかPinterestとかのように画像によってコミュニケーションが成立するってこと。画像によるコミュニケーションの何が良いって、言語依存しないのが良い。英語の苦手な人種の筆頭である日本人が、世界に向けて発信するには持ってこいのツール(手法)だと思います。

そんな画像コミュニケーションに、また新しいサービスがローンチしてます。

f:id:kjark66:20160205142022j:plain


CNETによりますと、

LIPは1月29日、Instagramユーザー同士をマッチングするiOSアプリ「nine」を公開した。“内面マッチング”をコンセプトとして、Instagramに投稿した9枚の画像がユーザーのプロフィールになり、個性や感性をもとに好みの合いそうな人を探せる仕組みを作った。基本利用は無料。アプリ内のテキストは英語だが、今後、日本語にも対応させる予定。Android版は2月上旬にリリースする予定だ。


ちなみに『nine』を知らない方でも昨年末に盛り上がった『2015bestnine』というウェブサイト(サービス)は目にしたことある方もいるのでは?!実はこの『2015bestnine』というサイト、『nine』のティザーサイトだったわけですが、約一週間で1500万人が登録するヒットサービスとなってます。1500万人も登録してるのに日本での知名度がイマイチなのはなぜか??それは、このサイト(サービス)そもそも英語版で展開されてます。なので、真っ先に食いついたのが米国のテレビやウェブメディア。こぞって紹介したことで米国大統領夫人のミシェル・オバマさんとか今をときめく米大統領選挙候補者のドナルド・トランプさんなど、そうそうたる著名人が登録したからもう大変。1500万人を集めるサービスとなりましたとさ。

ここまでは、いい感じのサービスがローンチした時のあるあるなのですが、実はこのサービス、米国の会社のサービスではなく日本企業のサービスです。昨年展開されたウェブサービスから今年アプリ化された今でもアプリのLPサイトは完全に英語表記です。最初っからグローバル展開ありきなんですね。むしろ日本のユーザーは眼中にないのかもしれません。

素晴らしい!

頑張って欲しいです!!


ってことで、「今年は画像コミュニケーションが来る!!!」......とか、アホっぽく宣言しておきます(笑)

via