読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NETAX

様々なジャンルのニュースから今夜飲み会で使える旬ネタをネタリストが人力キュレーション。コメント付きでわかりやすく紹介します。

人力情報キュレーションブログ - ネタックス

SEALDsは頭が悪いのか?!そうかもしれないけど、ちょっと違う気もする件

SEALDsは頭が悪いのか?!そうかもしれないけど、ちょっと違う気もする件

池田信夫先生が『東大生はなぜデモに参加しないのか』というエントリーをアゴラに投稿されてます。界隈で拡散もされてるので読んだ方も多いかもしれませんが、このタイトルに対する答えとして、

この問題についての短い答は、シールズの頭が悪いからである。安保法制が成立してから、絶対少数の野党がそれを廃止するなどという運動が成功する可能性はゼロであり、それを街頭で支援しても何の意味もない。そんな運動に参加するのは、頭が悪い証拠である。

と書かれてます。

が、私的には、ちょっと思うところがあったので取り上げてみました。

私は、SEALDsは頭が悪い集団ではなく可哀想な集団だと思うのです。


SEALDsが注目された直後に起こった事を今振り返ってみると、大人達(特に大メディア連中)が、やれ「SEALDsは素晴らしい!」だの「SEALDsは凄い!」だのちょっと異常とも思えるくらいの持ち上げ方だったような印象しか残っていない。そうすると、ネット民を中心に反発論が出るのがいまの流れで、SEALDs叩きとか代表の奥田君叩きが始まったりして......それも、安保法案が成立しちゃった後は何となく沈静化して最近は話題にもならない状況です。そんな中での池田先生の記事。まぁ、確かに安保法案を戦争法案だとかって言うあたり、「大丈夫か?!」って思える部分もあったけど、別にだからと言って頭が悪いって話ではなく私的には最初の段階で注目され過ぎたのが誤算だったのではないかと思うわけです。

そもそもデモって、いつの時代も、まぁ、お祭りの延長のようなものであり、デモで何かが変わるなんて今の日本ではないわけで、って考えるとSEALDsのデモにしても(もちろん真面目にやってたとは思いますが)半分くらいはお祭り騒ぎしたいヤツらが集まっただけだったんじゃないかと思いますし、言うたらハロウィーンとかクリスマスとかに渋谷に集まるヤツらと属性は何ら変わらないんじゃないかと思うわけです。となると、1/4くらいは出会い目的だったりすると思われ、ナンパするために来たってヤツもいたはずです。

なのに......

メディアに注目され持ち上げられたおかげで不埒なことも出来なくなり、出会い目的で楽しみにしてたデモが一転、なんか超真面目なデモになっちゃった......と言うのが顛末なのではないかと。一部、本気でデモやってた人達もいるかもしれませんが、どっちかっていうと、私の言うようなイベントノリのヤツの方が多かったと思うわけです......知らんけど、行ってないし(笑)

つまり、本来やりたいことが出来ずにとても可哀想な若者達なのではないかと私は思ってしまうのですが、私のような考えは低レベル過ぎて論外って感じでしょうか?!(笑)だがしかし、こういうエロエロ思考のエネルギーはハンパないと個人的には思ってるので、今後もこの考え方は変えずに行きたいと思ってます。ってことで、難しいハイレベルな話は優秀なみなさんにお任せします。

以上、SEALDsバンザイという話でした。

via