読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NETAX

様々なジャンルのニュースから今夜飲み会で使える旬ネタをネタリストが人力キュレーション。コメント付きでわかりやすく紹介します。

人力情報キュレーションブログ - ネタックス

甘利さん、調印式に出てから辞めてもよかったんじゃないの?!

政治 ニュース

終わった事なので今さら感あるニュースですけど、個人的には甘利さんは大臣辞めなくてもよかったと思ってる派です。

いや、辞めるにしてもTPPの調印式に出てからでも遅くなかったような気がしますけど。別に、論功行賞的な話ではなく、日本の国益考えたらそうした方がよかったと思ってるだけです。

ちなみに、大前提としては嵌められようが何しようが金を受け取った時点で政治家としてはアウトだとは思ってます。が、今回の場合は国益とのバランスを考えると、金額その他、あまりにも小さいネタの気がしてて......。

だって、あれだけ揉めに揉めたTPP交渉をまとめあげた人ですよ。それとのバランス考えたら釣り合わない。

やったことないのでわかりませんけど、外交ってオフレコの世界での交渉がオンの時よりも重要だったりするのは何となく理解出来ます。あの手この手で各国の担当相と交渉したんだろうなとは容易に想像出来ます。ギリギリの線で交渉して、やっと調印まで漕ぎ着けたのに何ともしょーもない話で辞任すると。いや、させられると。たぶん、自民党的には最後まで庇うつもりだったんだと思いますが、甘利さんがキレたんでしょうね(汗)

「そこまで言うなら辞めてやるわ!」

って感じ?!(笑)

で、調印式には新たに就任した石原大臣ではなく副大臣が行くって......なんか、各国から日本がバカにされるような気がしてなりません。

高鳥内閣府副大臣「甘利の代わりに来ました、高島です」 フロマン米通商代表「誰、お前?!」

そうは言わないでしょうけど、そんな空気感になりそうな気が。

さらに、

フロマン米通商代表「しめしめ、甘利が辞めたことで、これまでオフレコで話したこともこっちの都合よく解釈してしまえば有利に進められるな。ラッキー!」

ってほくそ笑んでたりしたら最悪です。


それにしても、今回の甘利さんの辞任に伴うメディアの取り上げ方も何とも淡泊だと思います。もっと「日本の国益考えれば辞任させていいのか?」とか「調印式には行かせた方がいいんじゃないか?」とか、少なくとも議論が起こってもいいように思いますけど......無風......日本の大マスコミも単なるゴシップ紙と同じだな〜って今さら再認識しました。野党にいたっては、これまで攻めまくってたのに辞任されたら次の矢も特になく、国会も平常運転になるという。

日本の政治のダメな部分を色々垣間見た案件でした。

そして、甘利さんが辞めた途端、甘利さんを嵌めたと言われてる輩の悪評が聞こえて来るという、いつものパターンです。ホントしょーもな。

via