読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NETAX

様々なジャンルのニュースから今夜飲み会で使える旬ネタをネタリストが人力キュレーション。コメント付きでわかりやすく紹介します。

人力情報キュレーションブログ - ネタックス

新たなSNS『Peach』は日本で流行るか?!

サービスのネーミングは大事だと思ってる派です。


今回ピックアップするサービスは、いま米国で話題になってる『Peach』。

f:id:kjark66:20160121174149j:plain

開発者は『Vine』の共同創設者のDom Hofmann氏。Vineは、リリース当初「たった6秒の動画で何が出来るの?!」と言われてましたが、その6秒制限が逆に人気となり若者には絶大な支持を集めるサービスとなりました。今回リリースされたPeachも何が面白いのかイマイチわかりずらいサービスとなってまして、そこを掘り下げてみたいと思います(が、面白さを理解していただけるか自信ないです。汗)


Peachとは何なのか?

FacebookとPath、Tumblrの要素を兼ね備えるPeachは、ユーザーが自分の生活の一部を友達と共有できるようになっている。


何よりもまず、Peachは新しいソーシャルネットワークだ。まるでFacebookとTumblrの間に生まれた子供のようなソーシャルネットワークである。


うん、さっぱりわかりませんね(笑)


そもそも日本では、Facebookはともかく『Path』も『Tumblr』も言うほど認知されてないと思いますので、この例えされてもピンと来ない人の方が多いのは当然の話。逆に言えば、PathとかTumblrとかがいまいちブレイクしていない日本ではPeachも流行らない可能性が高いサービスなのではとも言えますね。

ただ、個人的にサックリ使ってみた感想は、「面白い!」です。

何が面白いのかと言いますと、"マジックワード”というのがありまして、設定されたテキストコマンドを入力すると関連する情報が勝手にピックアップされるという。意味不明ですか?!(笑)実際に使ってみないと説明しずらいのですが、体感として投稿が楽って話。既存の何かに例えますと、例えば、文章書くことが多い人であれば、いつも使うワードとか表現とかを省略して入力出来るスニペットツールというのがありますけど、それを使うとサクサク入力出来て気持ちいいわけですが、その感覚に近い。他には、チャットツールとかで「了解しました」と入力する際に「り」とか入力を省略して効率化するわけですが、その感覚にも相通じるような。どちらも経験ない人は「何のこっちゃ?!」って思うでしょうが、わかる人にはもの凄くわかる感覚だと思います。

なので、このPeach、「面白い!」って思う人と「何が面白いの?」って思う人に二分されるサービスのような気がします。

こういう”使う人”を選ぶサービス(ある程度のリテラシーないと面白いと思えないサービス)って、日本では総じて定着しない傾向にあるのではないかと(その最たるサービスが『Snapchat』だと個人的には思ってます)。


ってことで、何となく気になる人はぜひ使ってみてください。

いまだったら知らない人の方が多いと思いますので、飲み会ネタにはなると思います。そして、ちょっとイケてる人だと思われるかもです(笑)

via