読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NETAX

様々なジャンルのニュースから今夜飲み会で使える旬ネタをネタリストが人力キュレーション。コメント付きでわかりやすく紹介します。

人力情報キュレーションブログ - ネタックス

Kindle端末を買う場合の注意点を書くのを忘れてた!

Amazon Kindle 裏技

一昨日、”いまさら私が『Kindle Paperwhite』を買ったわけ!?”という記事を投稿しましたが、とても大事なことを書くのを忘れてました。


Kindle端末の価格に関わることなのですが、記事中にある価格は全て”キャンペーン情報付き”価格となっております。

f:id:kjark66:20160115153226j:plain


で、『キャンペーン情報』って何?!


ぶっちゃけ『広告』です(笑)


ただ、(普通のバナーとかのようにブラウザの下段あたりに常に表示されてるというものではなく)電源をオフにしてる時の待ち受けと、電源オンにした時のスワイプ画面に表示されてます。これがキャンペーン情報なし版だと電源オンしただけで使えるので起動時のアクションが1個多くなってます。まぁ、スマホとかタブレット使ってる人は使う時にロック画面をスワイプして起動すると思うので、それと同じ操作ではあるのですが、表示されてる情報が自分で設定したお気に入りの壁紙とかではなく単なる広告なので気になる人には気になるかもしれません。


このストレスを回避したい人は購入時に”キャンペーン情報なし”の端末を選択する必要があります。価格は約2000円くらい高くなります。これを高いと感じるか安いと感じるかは個々の主観だと思いますが、私はコスパ重視だったのでありの方を選択しました。


昨日届いてたので早速使ってみましたら、iPadとはまた違った使用感ですこぶる感じがいい。


いきなりではなりますが、結論としては「買ってよかった!」と思ってます。ただ、冒頭に書きました広告表示について、半分好奇心から非表示出来ないかな〜って思いググってみましたところ、なんと、広告表示を解除したという記事を発見。

まさに奇跡!Kindleのキャンペーン情報が削除できた!! | そういうことか建築基準法


その方法をざっくり言うと、Amazonのカスタマーに対して「解除してちょ!」っていうお願いメールを送るだけ。Amazonに願いが届けば、解除される(場合もある)という内容。


早速、私もダメ元でやってみました。


記事に書かれてる手順では、Eメールを送信するボタンをクリックすればメールが送られると書かれてますが、実際は送られません。送信ボタンを押すと「キャンペーン付きの端末は広告を非表示に出来ないから非表示がよければキャンペーンなしの端末を買いなさい!」的なメッセージ表示されます。


「ダメじゃん!」


ただ、表示されたコメントは編集可能エリアとなってたので、一応、そのコメントを全削除して「これまでAmazonでメッチャ買ったし、これからもメッチャ買うからどうか広告非表示にしてください!」的なコメントを適当に書いてメール送信ボタンをクリックしてみました。送れました(笑)


とりあえず、やることやったし後は待つだけってことで、買ったばかりのKindleで本読んでましたらいきなり、


「スペシャルオファーがKindleから削除されました」


というポップアップメッセージが強制的に表示され、その後は広告が表示されなくなりました。


さらに、

Amazon.co.jpにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

ご連絡いただいた端末については、ご事情を考慮し、今回に限りキャンペーン情報を非表示とする設定を行いました。今回の変更につきましては、追加料金が発生することはありません。

端末をネットワークに接続されますと、キャンペーン情報の無効化が完了し、キャンペーン情報が非表示となります。なお、キャンペーン情報の無効化が反映されるには、最大10分程度かかります。

という確認メールがAmazonから送られてきてました。


ってことで、ありがとうAmazonさん!

Kindle、大切に使うよ!!