読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NETAX

様々なジャンルのニュースから今夜飲み会で使える旬ネタをネタリストが人力キュレーション。コメント付きでわかりやすく紹介します。

人力情報キュレーションブログ - ネタックス

【追記あり】いま話題の不倫騒動で思ったこと。

なんか昨日の夕方から今朝にかけて大変な騒ぎになってますね。

今日発売の週刊誌を受けて動き出すメディアもありますから今日から1週間程度がピークなのではないかと思いましたが、それを見透かしたように速攻でベッキーさんが謝罪会見開きました。明らかに「これから謝罪しまっせ!」という模範的に服装と表情から察するに、そうとうリハやったのではないかと思ってます。


この会見を受けて朝の情報番組が一斉に取り上げた結果、なんでベッキーさんだけが批判の的になってるのかという雰囲気に。まぁ、それは別にゲスの川谷さんが逃げてるってわけではなく、単にベッキーさん再度の対応が爆速だったってだけの話。もちろん、出演してるCMとかテレビ番組に影響が出るからです。で、この会見でベッキーさんは不倫の事実を否定したわけですが、その後にマスコミに出されたゲスの川谷さんのFAXでは親しい友人だったとしながらも既婚者で軽率だったと言ってますし(言うたら不倫......不倫の提議は様々だけど.....を認めてるんじゃないかと)、なんともちぐはぐな対応となってます。つまり、両者間での連携は出来ていないのではないかと。

個人的にタレントの恋愛事情にはあまり興味ないのですが、今回取り上げたくなった理由、それは、同じ行為をした当事者同士なのに両者に対する私の印象が全然違ってたことに気付いたからです。洗練潔白ピュアなイメージのベッキーさんに対しては、間違いなくネガティブなイメージが付きました。一方、ゲスの川谷さんに対してはそんなにネガティブな印象がない。なんで??(笑)たぶん、川谷さんがアーティストで、むしろ普通じゃないことやる方が”らしい”って思ってしまったから。「こういう破天荒なことやる人間だからこそ、あの唯一無二の歌詞が書けるんだな......」とか訳のわからない理由付けをしてしまってるからなのではないかと思いました。

職業(肩書き)って大事だね!

さて、今回の不倫報道がいつもよりネットで盛り上がってる理由......それは、間違いなく『ゲスの極み乙女。』っていうバンド名だからです。私もこの記事書いてる中で「ゲスの川谷さん」って表現しましたが、もはやそれは”まんま”なわけです。ひねりもなにもなくまんまです(笑)なんてバンド名を付けてくれたんだと言うことです。ひねる必要もないわけです。Twitterでは、ゲスの曲の歌詞を上手いこと繋ぎ合わせて今回のことを表現する人が続出してます。例えば、



とりあえず、ベッキーさんの会見で友達だって言ったのは失敗だったんじゃないかと思ってます。だって、流出したLINEの文面見たら友達では説明出来ない。認めなければ切り抜けられると思ったのか知りませんが、このネタでは無理だって。しかもたぶん週刊誌は第2弾第3弾を用意してる可能性がある。そう考えると今後何が出て来てもいいように思い切って開き直った方がよかった気がするけどね。ちなみにここまでの情報がどうやって流出したんだ?ってどこもかしこも書いてるけど、流出元なんてひとつしかないでしょ?!(笑)ってことで、私はベッキーさんさんの今後も見守りたいと思います。

そして、ゲスの極み乙女。のみなさんは、『両成敗』を引っさげて全国10都市15公演のツアーが始まります。プラチナチケットですな。行ける人は羨ましいです。

via


【おまけ】
ハマカーン浜谷さんは、今回の件に関して「下衆の極み」って言うのかどうか......そんなしょーもないことでハマカーンの事務所(ケイダッシュ)をロケットニュース24が直撃してます(笑)事務所も迷惑だぜ......(爆)

via


【2016/01/08:追記1】
今朝のとくダネ!でコメンテーターの中瀬さんが言ってたことが妙に引っかかった。それは、「LINEって、そもそもクローズドなメディアなのに離婚届けのことをわざわざ”卒論”って隠語にする意味がわからない」って話。確かに。まぁ、余計な詮索をしてみれば、

1、最初から誰かに見られることを想定してた。ゲスの川谷さんが危機感を持ってた→まぁ、これは考えにくい。危機感あったらそもそもLINEでそんな会話しなければいい。

2、アーティスト特有のイケてる表現として使ってた→これだな!たぶん。知らんけど(笑)ただ、もし仮にこれが真だとすれば、もはや2人はある意味、妄想モード全開で周りのことなど見えてなかったと推測されます。

いずれにしても他人の恋愛なので別にどうでもいいです。


【2016/01/08:追記2】
やっぱ成功する人は違うな〜って、素直に関心したので追記しときます。
ゲスの川谷さんって二股......もとい、掛け持ちが得意らしく、しかも両方とも同時に同じ熱量でやれる才能の塊みたいな人らしいです。
こんな記事が。

(1)バンド 「ゲスの極み乙女。」のほか、10年結成の「indigo la End」でもメジャーデビュー。「ゲス…」が昨年、NHK紅白歌合戦に初出場した現在も均等の比重で活動中。

(2)CD発売 昨年6月17日には、両バンドでシングルCDを同時発売。一般的に同じレコード会社内でさえ、発売日が重なることは避けるものだが、同一人物があえて同じ日に発表するのは異例。

(3)作家活動 絶対に作詞と作曲の両方を担当し、どちらかに専念することはない。また、楽曲制作の際は「川谷絵音」と「MC.K」の2種類の名義を持つ。

(4)学生時代 東京農工大で始めたバンド活動を継続しながら同大大学院に進学。研究に行き詰まり大学院を中退するまで「二足のわらじ」を履いていた。

(5)お笑い 大学時代に音楽より芸人を志向していたが、吉本興業の「笑い飯」を好きな芸人にしながらも、テレビ番組などでは「自分が入るなら人力舎だと思っていた」と、別の芸能事務所を挙げていた。

奇しくも「人力舎」に入りたいというタイムリーなフリまでしてるという(笑)

やっぱ、スゲーよ、川谷さんは......ってか、「スゲー」って逆から読むと「ゲス」なのな(爆)

via

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160108-00000081-spnannex-ent